自宅で可能なバッティングの練習(正しい方法でやらないと、いくらやっても上達しないでしょう)法としては、次の3つをおすすめします。 ・素振り ・ティーバッティング ・ランニング まず、素振りですが、素振りは自宅でできるバッティング練習(最初はできなくても、次第にできるようになっていくものです)法の王道ですよね。 でも、ただバットを振ればいいというものでもないため、一振り一振り丁寧に振るようにしてください。 回数を決めて惰性で振るくらいなら、その時のコンディションに合わせて、一振りずつ集中して振る方がずっと効果的です。 いいかげんに素振りしていると、バッティングフォームが崩れてしまうこともあるので、集中力を切らさないように気をつけます。 もし、自宅に練習(コツコツと毎日積み重ねることが、最も上達を早くします)用のスペースを確保できる場合には、ティーバッティングもやるなさってくださいね。 ティーがなければ、トスバッティングでもいいですし、硬式ボールとバットでやらなくても、バトミントンのシャトルを使ったり、新聞紙を丸めたものをバットにしたりとさまざまな方法があります。 素振りよりも打つ感覚が掴みやすいので、練習に付き合ってくれる人とスペースが確保できるなら、ぜひやるようにしてください。 それから、ランニングも自宅で可能なオススメのバッティング練習法の一つです。 ランニングなんてバッティングには無関係だと思うかもしれませんが、下半身の筋肉を鍛えるためにも、体力をつけるためにも、ランニングは欠かせません。 試合で活躍するために、ぜひこれらの方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)で自分のおうちでもバッティングの練習をするようにしましょうー